Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php:25) in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 81
チェーンソーFAQ | ::ゼノアG2000Tについて
TOP ショップ 購入手順 テクニカル FAQ メール BBS
  • 2008-07-14 17:09:15
  • ゼノアG2000Tについて
Q457
いつもブログを拝見させて頂いています。
ところで、このG2000Tですが、軽量なのは良いと思うのですが、エンジンがいかにも非力のようで、頼りなく思うのですが、枝打ち用として使えるものなんでしょうか。
チェンソーを販売されている方のご感想を伺えればと思います。
お手数ですがよろしくお願いします。



A457
ゼノアG2000Tについてですが、確かに排気量が18ccほどで世界最小です。
私も最初はあまり使い物にならないかと思っていましたし、担当営業の方もそれなりの力しかありませんとのことでした。

しかし一度試し切りをしてみたところ、結構切れるというのが実感でした。
直径15cmほどの乾燥した広葉樹を切ってみました。
途中でソーチェンが止まるかなと思っていましたが、意外にもソーチェン止まることなくすんなり切れてしまいました。

確かに30ccクラスのチェンソーと比べると、力はないですが、鋸断時間が倍以上かかるというわけではありませんでした。
私的にはこれくらいの径の枝打ちなどには使えると思いました。

当店ユーザーでMS200Tを常用している方に、G2000Tを見せたところ軽いということで(ガイドバーチェン装着時で3kg弱)1台購入してくれ、使用感を聞いたところ枝打ちならば十分使えるとのことでした。

切れ味だけで比べるならばMS200Tが上だということですが、軽量だということで15cm以下の枝打ちはG2000Tを使用しているようです。

使用目的を限定すれば意外と使えるということでした。

ただ、私が気になっているところはG2000Tはチェンブレーキついていることはついているのですが、慣性自動チェンブレーキではないというところです。
その点がトップハンドルチェンソーとして弱点だと思ってしまいます。

<<スチール 玉切用 馬 | main | スチールMS250-BE目立てについて >>
CALENDAR
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ