Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php:25) in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 81
チェーンソーFAQ | ::ハスクバーナ136チェンソー
TOP ショップ 購入手順 テクニカル FAQ メール BBS
  • 2007-08-09 22:04:55
  • ハスクバーナ136チェンソー
Q181
症状としては、チェンソーの角度により勝手に吹け上がったり、エンストを起こしたりです。

アイドリングが安定しているときにマニホールドに浸透油をかけてもエンストしません。

クラッチドラムB/G交換後間もなくクラッチドラムがカランカラン擦りまして、クランクシャフトを点検したところ多少のガタが見られました。

分解清掃後、O/Sのリップ部が擦り減っているようでした。

クランクからエアを吸ってしまっているので、角度によって現象が出るものだと思います。

初め、フューエルストレーナーがタンク内で引っかかってるものと思い、ホースの長さを変えてみましたが駄目でした。目視でホースに亀裂は見つけられませんでした。

他の要因も考えられると思いますが、ご指導のほど宜しくお願いします。

ちなみに、ピストンとシリンダーは傷一つありませんでした。

ガス欠を避けて回転が吹け上がった時点で止めて給油していたからだと思います。



A181
チェンソーを傾けたときに、吹けあがったりエンジンストップするということは、どこからかエアをかんでいる可能性が大きいです。
燃料ホースなど点検しているようなので、オイルシールあたりが悪いかもしれません。

ただエンストするということなので燃料ホースが悪い可能性もあります。
後パルスホースあたりも悪いかもしれません。

燃料回り、オイルシール順番に点検していくしかないと思います。

<<スチールMS192C-Eチェンソー | main | ハスクバーナ242XPチェンソー、燃料ホース続き >>
CALENDAR
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ