Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php:25) in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 81
チェーンソーFAQ | ::ハスクバーナ339XPチェンソー
TOP ショップ 購入手順 テクニカル FAQ メール BBS
  • 2007-08-09 17:07:29
  • ハスクバーナ339XPチェンソー
Q176
山奥より初めて質問させていただきます。
一昨年からハスクバーナの339XPを使ってますが、軽くて持ちやすくて燃費がいいのですがエンジンの調子が非常にシビアです。
スロー調整も温度変化でエンジンがすぐ止まったりチェーンが回りっぱなしになりフィルターもすぐ詰まります。チェーンオイルもちょくちょく出なくなります。

購入した店でも人気がないから部品もストックしないと言われほんとに困っています。このチェーンソーはどこでもこんな調子なんでしょうか。
いいアドバイスがあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。



A176
339XPは販売当初は不具合が結構あったようです。
当店でも取扱いは余りありませんでした。

去年ぐらいから当店でもすこしづつ販売量が増えてきましたが注意点を守っていただければ目立った不具合はないようです。
チェンオイルの調整スクリューを回しすぎないということです。
調整スクリューを回しすぎてポンプピストンが抜けてしまったら、そのままにして販売店に修理に出さないと変形する可能性があります。
そしてオイルのでが悪くなります。

この件に関しましては詳しいことはメールなどで説明するのは大変ですので説明できませんが、ご了承ください。


次に、エンジン回転についてですが、
①燃料フィルターが汚れている
②パルスホースが悪くなっている
③燃料ホースが悪くなっている
等が考えられます。
その他どこからかエアをかんでいる可能性もあります。

またキャブレターも標準の設定は標高の低いところで設定されていますので、標高の高いところで使用する場合はキャブレター調整した方がいいかもしれません。
キャブレターの設定調整は購入店にご相談すれば対応してくれるはずです。

339XPは最初の頃に比べればかなり良くなったと思います。
ただ、オイルポンプなどまだまだ注意しなければならないところはあります。
それでは



※追加
339XPについてメーカーに問い合わせてみました。
一昨年から使用しているということで、製造年月日が2004年~2005年の可能性があるようです。

キャブレターはこの時期から今現在で3回ほど変更になっています。
(主に欧米の排気ガス規制に対応してのものです。)

メーカーからの回答を抜粋しました。
「キャプレターは次のように変更が行われています。
Zama CIQ-EL20(P/N 503 28 31-15)‥初期型
Zama CIQ-EL20B(P/N 503 28 34-05)…製造番号043200326~。加速性、アイドリング安定性向上。
Zama CIQ-EL34(P/N 544 11 25-ol)…製造番号053800001~。現行金属製ロックキャップ型。冷間始動向上。

どのキャプレターが搭載されているのか、確認が必要と考えますが、旧型のキャプレターが組まれているのであれば、現行型に交換してみる価値はあるかもしれません。
また、フライホイールもSB(Service Bulletin)B0500013に記載されている通り変更されていますので、旧型のフライホイールが組まれているのであれば、現行型へ交換することによる効果も期待できます。
エンジンが止まってしまう現象とは逆に、チェンが回りっ放しになってしまう件については、ゴミがキャブレター周辺に詰まり、スロットルレバーを放してもパルプが戻らないことによる可能性もあります。」

ということでした。
ただこれだけの部品交換となるとかなり金額もかかると思いますので、一度販売店の方に点検整備に出してみてはいかがでしょうか。
何か故障原因があるかもしれません。

ゴム製部品などはどうしても劣化してきます。
また作業中にひねったりして外れることもあります。

<<スチールチェンソー | main | 「燃料携行缶 3L」について >>
CALENDAR
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ