Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php:25) in /home/users/1/chicappa.jp-omkihan/web/faq/class/View.php on line 81
チェーンソーFAQ | ::ハスクバーナ335XPTチェンソー
TOP ショップ 購入手順 テクニカル FAQ メール BBS
  • 2007-08-06 17:25:19
  • ハスクバーナ335XPTチェンソー
Q172
ハスクバーナ335XPTについての問い合わせです。
エンジン始動後、しばらく回転を上げてスロットルをもどすとストンとエンジンが停止することがあります。
キャブレターのダイヤフラムセット、ニードルバルブ、レバー、スプリング、ブーツ、エアフィルター(新型のネットタイプ)に交換しましたが、改善しません。
アイドリングで数分置いておいても回転していますが、ふかした後はアイドリングが一度低下してから元に戻ります。その際に時々停止してしまいます。
燃料は貴社で購入したハスクバーナ混合用オイルで作っています。
燃料フィルターも交換済みです。
キャブレターは WT459Bが搭載されており,335初期のタイプです。
トラブルの要因がお判りになればご教示下さい。
またピストンリングの交換費用はどれぐらいでしょうか。
以上宜しくお願い致します。



A172
335XPの症状からすると原因はいろいろと考えられます。

①キャブレターの調整があっていない(アイドリング、L、H)
②燃料に水が入っている
③キャブレターが悪くなっている
④燃料ホースが悪くなっている(燃料フィルター新品に交換済みのようなので省きます)
⑤パルスホースが悪くなっている(抜けている、亀裂が入っている)
⑥インテイクパイプが悪くなっている
⑦ピストンシリンダーに傷または磨り減っている
⑧プラグが弱っている
⑨イグニッションモジュールが弱っている
等が考えられます。

初期型の機械ということでかなり古いと思われます。
不調の原因が上記にあげた一つだけでなく重複している可能性もあります。

(また現物を見ているわけではないので、正確な原因といえませんがご理解ください。)

一つ一つ点検していくことをお勧めします。
特にゴム製部品の劣化は、点検した方がいいでしょう。
プラグも今まで未交換ならば交換することをお勧めします。(意外とこれだけで調子が戻ることもあります)

335XPTのピストンリングの交換は、工賃のみで1.5~2万円かかります。(クランクまで全分解となりますので)

それでは、あまりたいしたアドバイスは出来ませんでしたが申し訳ありません。

また、分解の仕方や点検方法など電話やメールでは意思の疎通が出来ないと思われ、ご質問等お受けできかねます。
誠に勝手とは思いますが、ご理解ください。

<<電動チェンソー | main | 安全ズボン性能 >>
CALENDAR
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ